業者の換金率は固定ではない!交渉次第でも換金率は変えられる

一般的に銀行や消費者金融、クレジットカードのキャッシングでローンを組む際には、固定の金利があらかじめ決まっており、個人、個人によってお得意様だからなどの理由で金利が低くなるということは難しいです。
しかし、現金化の場合は業者との交渉次第で、初めてでも換金率を引き上げることもできるんです。

換金率って固定じゃないの?

現金化業者のホームページを覗くと、換金率最大98%!という文面や、85%以上保証!などという言葉が踊っています。
しかし、98%という数字が利用者全員に適用されれば、その業者は利益化ができず運営を続けることは難しいでしょう。
カードローンなどで適用されることの少ない最低金利を無闇に誇張しているのとほとんど同じようなものです。

このようなことは冷静に考えればわかりますが、お金に困っているときほど数字を鵜呑みにしてしまい、あとで後悔してしまう結果になりかねません。

表示の換金率はあくまで最大である

換金率の大きな数字の横によくみると、「最大」や「最高」と書かれているのは定番のキャッチコピーです。
この数字は誰にでも適応されるわけではなく、たいていは100万円以上の高額利用者や、過去何回か同じ業者を利用した客に適応されるなど条件があることがほとんどです。
おそらく初めての利用ならば、実際の換金率は70~80%といったところが相場でしょうから、そのつもりで取引に臨むことが肝要です。

口コミの信ぴょう性

中には、ホームページだけではなく、口コミでも94%で取引してもらいました!などの言葉から、業者の換金率を信じてしまうこともあるでしょう。
ここにある落とし穴は、その口コミは本当に利用した人の口コミなのかということにあります。
口コミはネットの世界ならば、誰でもかくことができますので、もしかすると業者が書いているのかもしれませんし、アフィリエイトサイト運営者が書いていることも考えられます。

換金率は交渉もできる!

換金率は業者に言われるままでしかできないと思っている人もおり、真実の換金率を知ってショックを受けたままで、換金化する人も中にはいるのではないでしょうか。
しかし、それはもったいない、換金率は業者との交渉によっては、アップさせることも可能です。

現金化サイトをチェック

現金化サイトをチェックすると、「換金率業界ナンバーワン」や「他社には負けません」といったような業者がいます。
そのような業者は、交渉次第で換金率をアップさせるチャンスがあります。

相見積もりをとる

本命の業者が決まったら、その他の現金化業者に一度電話をかけて利用額と換金率の見積もりをもらいましょう。
ただし、こちらもそれなりに良さそうな現金化業者を選びましょう。

そもそもの換金率が低すぎると相見積もりをとる意味がありませんし、現金化業者の中には、契約するまで換金率は教えられないというところもあります。
そういったところは悪徳業者の可能性が高いため、基本的に相手にしない方が良いでしょう。
そうして、まずは基準となる換金率の見積もりを持って本命の業者に申し込みをします。

本命業者に電話をしよう

メールでの換金率の交渉は時間がかかりますので、スピーディーにやるなら電話で問い合わせることが大切です。
電話で、利用金額やいままでに換金化経験があるかなどの話をしていくと相手の方から換金率の提示がきます。

しかし、ここで「わかりました」と苦渋の決断をするのではなく、「○○では○%でしたので、こちらならもう少し高くなるのかと思ったのですが…他社の方が高い場合は相談してくださいともホームページに書いてありましたし…」といったセリフで他業者の名前と%、ホームページの内容などを提示してみましょう。
それによって相手が折れるかもしれませんし、こちらの希望率はダメでも提示した%に近づいた換金率にアップしてくれる可能性もあります。
あまりにも低い換金率で変わらない場合は、断って電話を切ればおわります。

調子に乗りすぎないで

一回交渉に成功すると、他社ではもっと高くしてくれるかもと、さまざまな現金化サイトで同じやり方で交渉を繰り返す人も出てくるかもしれません。

しかし、注意してほしいのは、現金化業者の中には1社で複数のサービスを展開しているところがあるということ。
あまり無理筋な交渉を繰り返していると、現金化業者の中でブラックリスト入りになる可能性もあるということです。
現金化業者も利益を出さないと運営できないので、そのあたりのことも考慮しながら希望の%の提示をした方がよいでしょう。